-錦ヶ丘保育園- 通信

                                       
本日のメニュー☆9/25

連休が明け、涼しさも増して朝夕との温度差が大きくなってきました!涼しくなり、過ごしやすくなりましたが、気温の変化による風邪に注意したほうが良さそうですね!⚠

今日のメニューは“厚揚げのうま煮”“ウインナーと野菜のトマト煮”“レンズ豆のスープ”でした!今日の副菜には野菜たっぷりで、ピーマンやパプリカ、セロリなど子どもたちに人気のない野菜ばかりでした!😂そのため、残食を心配していましたが、少なく、みんなきれいに食べてくれていました!私自身が子どものときには食べれていたかなぁとふと思い返して、錦ケ丘の子どもたちに関心することでした😀

| nishikigaoka | 本日のメニュー☆ | 18:25
本日のメニュー☆9/22

今日は普段の給食とは少し違った昼食時間でした!😁

“ウインナーサンド”“卵サンド”“フルーツサンド”“ベークドポテト”でした!きく組、もも組、さくら組さんはバイキング形式で好きなように具材を挟んでもらいました!


みんなとても上手に挟んでいました😄それぞれの個性がでていてとても美味しそうでした!サラダ菜を挟むように置いていたのですが、出したときとほとんど同じ量のサラダ菜が帰ってきて少し残念でしたが、私自身もきっと同じようにしただろうなと思いました!(笑)次はみんなが野菜も一緒に挟んで食べてくれるように工夫をしたいと思います!

うめ組さん、ゆり組さんの中にも、具材だけきれいにパンから抜き取って食べている子もいました(笑)

和食中心のメニューが多いので、このような日もあったら子どもたちにも喜んでもらえるのかなと思いました!

| nishikigaoka | 本日のメニュー☆ | 17:07
きく組の話し合い風景

最近のきく組の子どもたちは、発表会のことで持ちきりです。

親しみのある絵本をチームに分かれて劇や合奏で使うことになり、「小さいヤギは小さくて可愛い声だよね」「かぶは大きくて重たくて…」とイメージを膨らましたり共有したりしています。

また、何の役をするか、どうやって作るかなど話し合いの場も設けることにしています。

話し合いと言っても、まだ三歳児の子どもたち…途中で話が逸れることも。そんな時、保育士としてどんな言葉を出すべきか…話し合う子どもたちも大変ですが、保育士も考え考え発言しております。

役を決める話し合い。どうしてその役をしたいのか理由まで話す子も。最後まで聞く受容的な姿勢を日々心がけている成果なのか、自信を持って考えや気持ちを伝えようとする場面が多いように思います。

物語に出てくる橋をどうやって作るか日をまたいで話し合っています。段ボールで作るという案が出たので、後日持ってきて渡しました。段ボールでは壊れることに気付き、椅子を土台にすれば良いのでは?と試しているところです。保育士は、子どもたちの意見を整理したり素材を持ってきたりするのみ。活発に子ども同士で話し合ったり試したりしていました。


今後の展開や、他チームの様子も掲示のポートフォリオで伝えていきます。ぜひご覧ください。

| nishikigaoka | - | 14:55
今日のゆり組☆
今日は朝から雨が降っていたので、室内遊びをしました。 ブロック遊びの様子を見ていると友達と話し合いながら1つのものを作り、見立てて遊ぶ姿が増えたように感じます。 また、先日未満児クラスに新しい童具(カウントイン・フィットイン)が仲間入りし、落ち着いて遊べるようコーナーを設けました。環境を整えることでじっくり取り組むことができ、並んで待つことができるようになってきています。 色ごとに分けて円盤のパーツを棒に差し込んだり、色を混ぜたりと一人ひとり遊び方が違いました。数量・色・形・大きさの認識も見られましたよ。今後も静の遊びを取り入れていきたいと思います。
| nishikigaoka | こどもの風景 | 14:10
たんぽぽ組の小麦粉遊び(^o^)

 小麦粉遊びを行いました!(^^♪一回目の小麦粉遊びの際には、そっと触わる子ども、興味を持って口に入れそうになる子どもがいましたが、回を重ねる毎に口に入れる物では無いと学んだようで、口に入れそうになる姿も見られなくなりました。最初は粉の状態の小麦粉から始め、徐々に水を入れていきました。粉の小麦粉が好きな子、ドロドロが好きな子、液体が好きな子、粘土が好きな子と好みがそれぞれあるようでした。それぞれの子どもが好きな状態を把握しておく事でより楽しめていたように思います。活動の最後には、みんな真っ白になっていましたよ♪

 これからも子どもたちと色々な素材に触れていきたいと思います。

| nishikigaoka | こどもの風景 | 17:51
フィンランド研修

 小学校、就学前教育施設を視察しました。

小学校到着後、クラスに案内して頂き、2年のクラスの授業見学。2年生は算数の授業で一学期の時の復習プリントに取り組んでいました。3グループに分かれており、算数は10人くらい出席でしたが、静かな雰囲気で先生の見守りの中、それぞれのペースで取り組んでいました。

 登校時間も違い、2限目はダンス、音楽、裁縫などの授業に分かれていました。個々の時間割があり、先生達も子どもが出席しているか確認を行っており、子どもが遅れても  目で「来たのね。」の合図をしていました。日本は遅刻すると、注意されることが多いような気がしますが、アイコンタクトだけだと子どもも授業に入りやすいだろうなと感じました。

 また先生方が子ども1人1人の個性を大切にしており、色々な国籍の子がいるので、週1回はクラスのみんなが仲良く過ごすためにはどうすればいいか?という話し合いの場を設けているということでした。まだ小さいうちは読み書きより子ども同士の話しをする機会を作り、ソーシャルスキルを育てていくことを重要視していました。社会の中で普通に対人と交わり、共に生活していくために必要な能力を育てることで、コミュニケーションの取り方、問題解決できる力、自分の気持ちをコントロールする力、自分のことを相手に伝える力が育っていくのです。


 まさに、自分で考え それを言葉にして伝える! 現在、錦ケ丘で取り組んでいる保育です。子どもとの対話を大切にしながら、今は保育者と子どもとの話し合いですが、少しずつ、子ども同士で話し合う力がついてきている気がします。

 学校教育も変わっていきます。その中で錦ケ丘の子ども達が自信を持って学校生活が送ることができるようにしていきたいと思いました。


 また、日本の学校では、体育、理科と教科ごと分かれていますが、フィンランドは体育の授業で「この葉っぱが校庭のどこかにあるはずだから、探してきて!」の先生の言葉で葉っぱを走って探し、そしてその葉っぱの名前など調べていく。体育と理科が融合した授業になったりするのです。楽しい授業ですよね。そういう授業が子どもがもっと知りたい!調べたい!という自主学習に繋がっているようです。世界で学力1位の国ですね。

下の写真は、国語でフクロウの話しがあり、そこからフクロウを作るという製作(裁縫)に繋がった授業の教材です。

麻の生地に、鉛筆でフクロウの輪郭を描き

毛糸でフクロウの羽を刺繍で表現していく!という授業でしたよ。

 

就学前教育施設は、幼稚園や保育園に併設されていたり、小学校に併設されており年長児が通っていました。そこでは勉強ではなく、遊びながら学ぶということでした。

 例えば、ロープを使って数字を表したり遊び感覚で数字に興味を持てるようにしながら、小学校は学ぶことができるという気持ちを育てているそうです。そして、ここでも子どもとの話し合いを大切にしていました。

 錦ケ丘でも、年長児クラスの子に学校は楽しく学べる場所ということを伝え、卒園させてあげたらと思います。


 また詳細は報告書にてお知らせいたします。

しばらく、お時間をください。

 

 

| nishikigaoka | こどもの風景 | 17:45
帰ってきました!
副園長です。昨日無事、フィンランドの視察研修から帰ってきました。
本当は毎日日々の視察内容をブログにあげようと思っていたのですが、朝7時過ぎには家を出発し午前午後と違う施設を視察。家に帰ってきてからの振り返りが盛り上がって21時まで・・と日々完全燃焼していたためにそれがかないませんでした。↓の写真は、私が在籍しているMaster in Educational Leadershipの同級生と共に撮った写真です。道徳の先生のアニータさんと、小学校の英語の先生のピアさんです。この二人が視察先との調整などしてくれました。アニータさんはお家に招いてくれ、お手製のハマス(ひよこ豆ペースト)サラダや、ブルーベリーパイをごちそうしてくれました。保育園に取り入れていきたいこと、視察を通して何を学んだかは後日しっかりお知らせいたします。


私自身は多様性は力だと信じていますし、保育だけでなく社会のことを知り、また自身が人として深みをましていくことが保育にプラスの側面があると思っています。ですので、今回の視察研修を通じて、参加した保育士・幼稚園教諭自身の考え方の幅が広がったり、新しい視点が育まれていくことを期待しています。こどもたちにも、フィンランドでの写真を見せたり、体験を語ったり、現地で買ったおやつを食べたり、その経験を共有する予定です。

さて、話は変わりまして、猫の里親を募集しています。 もともと私の夫が散歩している後ろを小さくてみすぼらしい猫がついてきたのでかわいそうで連れ帰ってきた・・・という子猫です。ワクチンも虫下しも終わっています。獣医師の検診でも問題なしでした。ネコトイレも一緒に差し上げます。どなかたか家族の一員にしてくださると嬉しいです。我が家にはすでに犬が3頭いるために、猫までは難いのです。昨晩帰国し眠たい私に一晩中甘噛みしたりすり寄ってきたりと可愛い女の子です。飼いたいな!と言う方は職員室までお知らせください。


| nishikigaoka | - | 10:10
きく組 幼稚園へ

今日のきく組は、希望者で幼稚園へ遊びに行きました。

保育園とはちがう遊具に目をキラキラさせて遊んでいたのですが、幼稚園の子どもたちはちょうど朝の会で全員お部屋に、、、

部屋に行く様子を見てたきく組さんは、何をしてるんだろうと気になり見学に行くことにしました!

保育園とは少し違う雰囲気にワクワクしながら、幼稚園のお友達と会話する様子が見られました。リトミックをやってるお部屋の前では「私たちもできるよね!」「みんな上手だね〜」といつもの自分たちを振り返りながら見ていました。

そして、園外保育に行っているお部屋が空いていたのでお邪魔してみると、「床が違う!椅子と机もだ!」「トイレはどうかな〜」と保育園と違うところを探しては子ども同士でどう違うのかを言い合っていましたよ。


| nishikigaoka | こどもの風景 | 14:31
ゆり組☆童具遊び
少し涼しくなり、久しぶりに錦坤館前へ! 朝露で濡れている草原に足を踏み入れ、「葉っぱが濡れているね」地面に落ちている花を机に擦り「手に色がついた!」様々な発見がありました。そこへさりげなく白い紙を置くと、絵が描けることに気付き遊びが生まれていきましたよ。 その後、童具(積み木・かずの木)遊びを二グループに分かれて行いました。 積み木では、初めに一人ずつ積み木を持ち、においを嗅いだり積み木の面で頬を撫でてみたり、積み木の角でおでこを突いてみたりしました。そこから、投げたら痛いことに気付き、「積み木生きてるよね!」と子ども達で話す姿も見られましたよ。 かずの木では、指先を使って穴に棒を差しビーズをはめてはまた外し…を繰り返し集中する子ども達。電車やワニに見立てる、積んでおもしろい建物をつくる、等遊びの幅広さを改めて実感することでした。片付けも「どれを足したら10になるかな?」と考え、遊びの延長のように最後まで楽しみながらできました。
| nishikigaoka | こどもの風景 | 14:43
水曜日のうめ組さん♪
今日のうめ組さんは雨が降っていたので2グループに分かれ、お部屋の中で落ち着いてゆっくりと過ごしました♪ ひまわり組さんでは、道具(積み木)でお山を先生やお友達と一緒に作って遊びました! 写真はうめ組で過ごした子どもたちの写真です(*^-^*) テーブルに画用紙を貼り、椅子に座りながら一つひとつシールをはいで貼っている子どもや重ねて貼る子どもなどそれぞれ集中して楽しみながら遊んでいました♪上手に出来て満面の笑みのうめ組さんです(*^▽^*)🌟 「せんせい、みて〜!」っと笑顔で出来た作品を見せてくれて子どもたちの日々の成長を感じる瞬間です。
| nishikigaoka | こどもの風景 | 14:59
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE