-錦ヶ丘保育園- 通信

                                       
園内研修
午後から園内研修を行っております。 「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」から保育を振り返っています。

各クラスに保育内容やその活動をするにいたった背景などをまとめたポートフォリオ資料を掲示しておりますが、 その資料を基に、職員を2グループに分けてどんな10の姿が見られるかを意見交換しています。 経験年数は関係なし!若手のフレッシュな意見も大事にしています。


ちなみに、幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿は・・・
1.健康な心と体
2.自立心
3.協働性
4.道徳性・規範意識の芽生え
5.社会生活との関わり
6・思考力の芽生え
7.自然とのかかわり・生命尊重
8.数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚
9.言葉に寄る伝え合い
10.豊かな感性と表現

クッキングをしてみて、「ゆでたらニンジンが生のときより柔らかくなった!」「みんなで園庭で作ったサラダ・スープ、あげるよ食べて!」、こいのぼりを間近でみて「大きい!!」、園庭で「どうやったら●●ちゃんみたく大きな泥団子ができるかな」「毛虫がいたよ!」などなど、すてきな子どもたちの姿がたくさん見られています。

錦ヶ丘保育園では個々をさらにより大切にするために保育内容を徐々に変えてまいりました。保育士も、プロとして!学びを深め、より豊かな幼少期になるように努めてまいりたいと思います。このように職員で情報を共有したり研修をしたりする時間は大変貴重です。お迎え時間にご協力くださり、ありがとうございます。



 

| nishikigaoka | 園長通信 | 15:23
リーダー会議
今年度から3−5歳児、1−2歳児、乳児それぞれのリーダーに任命されたベテラン職員と主任、園長・副園長にまふぃん施設長も加わって、リーダー研修を行いました。
社会保険労務士による、リーダーに求められる役割と新人指導についての研修でした。 相手に変わることを求めるのではなく、まず自分が変わること。 リーダーとして、自分を高めていくこと・・・など大変勉強になる内容でした。
その後現在の園の状況、保育の在り方、などを議論しました。 H30年度から変更になった点がいくつかありますが、疑問点などございましたら 遠慮なく園長・リーダー達へお声掛けください。
| nishikigaoka | 園長通信 | 08:01
園長通信 3月
人生の始まりを豊かに

アメリカに生まれアメリカ人として生涯を過ごしていた70代の日系2世の男性が生まれて初めて日本を旅行しました。食事でシソを食べた時に3歳くらいの時にこの味を食べた記憶がよみがえったのだそうです。70年以上全く意識もしていなかった事が瞬時に蘇ることにご本人が驚いていらっしゃいました。

又、おそらく10年ほど前ですが 堂園メディカルハウスで人生の終末を過ごしていた女性、看護師がアロマオイルを使ってマッサージをしていた時に、「ああ、これは子供のころ森を駆け巡っていた時の香りよ!」とおっしゃったことが有りました。 同じくご自分の最期を納得し、その時に着せてほしい洋服を準備し、香水も準備された方がいらっしゃいました。その香水はエタニティー(永遠)という名前です。ご家族のことを永遠に想っていますよのメッセージが込められていました。脳に刻まれた五感の記憶はずっと記憶されているのですね。

保育関係の本にはよく「五感をつかった遊び」という言葉が使われています。レイチェル カーソンの『センス オブ ワンダー』の事もにしきっこで何度か紹介いたしました。 生涯にわたって記憶に残る≪今≫を大事にしなくてはいけない。乳児幼児の今こそ子どもの素晴らしい感性を伸ばしていこう、そういったことを職員会で話し合いながら来年度にむけての計画を立てています。人生の始まりを豊かにしたいものです。メジロやオタマジャクシ、 散歩途中の石ころ、水たまりの泥水にも感動する感性を大事にしていきたいと思います。 来年度は職員全体で≪のびのび保育≫を合言葉に子ども主体の保育を展開して参ります。画期的アイディアが満載です。 

リトミック、わらべうた、童具 を当園の保育の柱としていますのも、根本的にはこれらの活動が子どもの感性を豊かにしていくものだからです。  
ご家庭と協力して豊かな育ちをめざしましょう。        

堂園 文子
| nishikigaoka | 園長通信 | 10:42
園長通信8月
「事故に気をつけましょう」

 夏本番です。学校が夏休みのお姉さんお兄さんと一緒にあそんだり、お盆で親戚のお集まり等の機会もあるとおもいます。よちよち歩きの時期には興味を持った目標に向かってまっしぐら、途中の段差や障害物など目に入らないので転落事故に気をつけましょう。またタバコの吸い殻を飲み込んだ時には水などを飲ませてはいけません。よりニコチンが体に吸収されやすくなるのでNG。口の中の吸い殻をぬぐい取ったあと、医療機関受診。ボタン型の乾電池も緊急を要します。幼児用プールに10センチの水を張っても、目を離したすきに滑って転倒したら、頭の重い幼児は起き上がることが難しく、溺れることもあります。
テーブルクロスにつかまって立ち上がったところ、テーブルに乗せてあった熱いお茶をかぶって火傷。アイロンの蒸気が面白くて触って火傷、と身近な物も注意を誤ると大変な事故につながります。
 具体的な対処法はインターネットで赤十字社のホームページにも載っています。くれぐれも
安全に留意し、夏をお楽しみください。               堂 園 文 子



| nishikigaoka | 園長通信 | 13:52
園長通信7月
子どもの発達を改めて学ぶ

子供の発育発達を改めて学びたいと思い、4月から鹿児島大学大大学院で「障害児教育学実践研究」の
講座を受けています。 副園長は「特別支援教育特論」と合わせて2講座受講しました。
講師は保育園の園のしおりに紹介している片岡美華准教授です。

受講者は各地の特別支援学校、小学校の現役の教員や大学院生で、
毎回持ち回りで担当範囲について発表し、その後ディスカッションをする形式です。
発達検査や特別支援教育をするためには、まず定型発達について熟知する必要があるので
ゼロ歳から14歳までの発達を田中昌人(日本の特別支援教育の草分け)の著書などをもとに
発達の道筋を詳しく考察しました。

ゼロ歳から芽生える自我の発達を保障することがどれほど大事なことか痛切に思いました。
この年代のお子様をお預かりする保育園の大きな役割です。
発達特性を理解したうえで個別の状況を把握し、クラスの保育内容や個別の関わりかたを考えることができる保育園にしていきたいと思います。

今後園内研修等を通じて、学んだことを園全体に還元していくつもりです。


                       堂 園 文 子

| nishikigaoka | 園長通信 | 16:25
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE